あせとせっけんを読んでみた
あせとせっけんを読んでみた感想などを書いています
あせとせっけん6話考察

あせとせっけんの1巻6話のあらすじ・ネタバレ・感想・考察について書いてみた

Pocket

6話のあらすじ

ちょっとのすれ違いがあった初デートから、甘い夜を過ごした名取と麻子。

次の日も休みであり、二人は甘い休日を過ごすことになる。

家に麻子がいるだけで、良い匂いが広がり、名取は始終ニヤニヤしていた。

下着を買いに行きたい麻子は、生活感のない名取の家の様子に自分がご飯を作ることを提案する。

買い物しながらもイチャイチャする二人だった。

家に戻り食事の準備をする麻子は悪戦苦闘しつつ、料理を作る。

料理の熱に汗が出るが、好きな人のために頑張った汗は嫌じゃないなとふと感じる。

甘酸っぱさが十分に詰まった第6話!

あせとせっけん6話の感想:荒んだ心が癒やされる! 甘すぎる社会人カップル

前回初デートを行った名取と麻子。

会社であんなにイチャイチャしている二人ですから、デートだともっとイチャイチャするに違いない!と思った人は多いはずです。

しかし、外でのデートは名取が麻子の匂いに気を取られすぎて、上の空になってしまいます。

鼻が利きすぎる名取だからこそのハプニングです。そのため若干(ほんの少しだけ)すれ違いかけた二人でした。

結局は名取が麻子を家に連れ帰り、甘い時間を過ごすことになります。

でーすーが! 二人のイチャイチャを存分に楽しめると思っていた読者には少し物足りなかったのも事実。

今回はそんな読者の希望を汲んだように、二人はイチャイチャしてくれます。むしろイチャイチャしていない場面を探すのが難しいくらいです(笑)

社会人ならではのやり取りから、まるで学生のような純粋なイチャイチャまで存分に堪能してください!

イチャイチャの間に、名取の変態性も垣間見え、笑いとイチャイチャに癒やされる一冊になっていますよ。

あせとせっけん6話の考察:お互いを受け入れる理想的な二人

恋愛漫画の大半は、学生を対象にしたものがほとんどでした。

学生時代、青春時代の恋愛こそ、純粋な恋愛として扱うものもたくさんあります。

それは何のしがらみも考えること無く、自分の感情だけで恋愛をすることができたからです。

ですが、この6話の二人を見ていると、社会人恋愛としての理想的な姿を見ることができます!

まず、お互いがお互いのことをとても思いやっています。

今どき学生でもないくらい、甘々でイチャイチャしているのはもちろんなのですが、会話や行動の端々でお互いのことを考えているのが丸わかり♪

無理に頑張っている感じはなく、「好き」だからこそしたい気持ちが紙面から溢れています。

それだけでも心が浄化されるような二人なのに、プラスして二人共ちょっとしたことで、すごく感動します。

ここまで純粋に相手のことに反応できる名取と麻子の関係性は、社会人として理想的ななのではないでしょうか?

また、名取の変態ぶりに麻子が気づき始めたのも、距離が近づいた証拠のようでニヤニヤしながら読み進められるお話です。

あせとせっけんを無料で読む